トップページ > 塩飽広島・小手島・手島の新着情報

塩飽広島・小手島・手島の新着情報

お知らせ

2016年

塩飽広島お大師参り百周年

2016年4月11日水曜日に塩飽広島のお大師参りを行います。今回で記念すべき100周年を向かえますので、ぜひお参りください。

塩飽広島八十八か所百周年記念法要について

2016年春に塩飽広島八十八か所開創百周年の節目を迎えるにあたり、記念法要を各寺院にて下記の日程で行います。

日時:2016年3月31日(土曜日)

会場並びにタイムスケジュール

09:00〜正福寺(茂浦)

10:00〜玉瀧寺(市井)

11:00〜長福寺(青木・甲路)

13:00〜地福寺(江の浦・釜の越)

14:00〜神光寺(立石)

新造船「しわく丸」就航

2016年2月20日に丸亀港にて丸亀・広島・小手島・手島を結ぶ新造船「しわく丸」の就航式が行われ、翌日の21日に運航が開始されました。

携帯電話で返信を受信する場合の注意点

携帯電話にて当サイトにメールを送られている方は、お手持ちの携帯のドメイン指定受信に「@shiwakuhiroshima.com」を追加してください。ドメイン指定の方法については、各携帯電話会社にお問い合わせください。

平成23年

平成23年4月23日に塩飽広島にてお大師参りを行いました。

あいにくの雨でしたが、多くの方がお参りに来てくださいました。

さぬき広島お大師参り4月23日 土曜日(旧暦3月21日です)

どうぞお参り下さい。

しわく広島を家族でゆっくり廻ってはいかがですか?

立石からは瀬戸大橋、江の浦・釜の越からは丸亀方面、甲路・青木からは佐柳島・高見島・三崎半島方面、市井ではポニー牧場、茂浦からは水島方面等、山の神展望駅で休憩、眺めは素晴らしいです。

道沿いの桜・つつじ・山菜等、春の広島を歩いてごんな、見てごんな。

新造フェリーの船名が決定しました。

丸亀〜広島〜小手島〜手島間の航路を航行しているフェリー(びさん2)の老朽化に伴い、丸亀市が現在建造中で、平成23年10月就航予定のフェリーの船名を一般公募したところ、予想を上回る反響があり、全国各地より延べ450件(同じ船名を含む)もの応募がありました。

そこで、平成23年2月7日(月)に丸亀市役所において丸亀市新造フェリー船名選考委員会が開催され、厳選なる審査の結果、船名は、広島町青木の中井繁春さんが応募された「しわく丸」に決定しました。

命名理由は、昔、備讃瀬戸一帯で塩飽水軍が活躍していた時代があり、同じ海を往来するので、今も無事に平和な時代の航海が出来るようにとの意味を込めて命名した。

丸亀市の新しいフェリー「しわく丸」が、多くのみなさんに広く親しまれ、大勢の人たちに利用してもらえるように期待します。